SL「やまぐち」号

SL「やまぐち」号とは

トップページ > SL「やまぐち」号とは > 3種のSL

3種のSL

 SL「やまぐち」号とは山口線を走るSLの愛称で、実際に運転しているSLは3種類。期間によって運転するSLが変わります。普段はSL1台が客車5台を牽引していますが、2台のSLを連結して運転する「重連運転」が行われる日もあります。

C57形1号機

photo by Takahiro Yoshinaga

美しい貴婦人

 C57形蒸気機関車は昭和12年(1937年)から201両製造された亜幹線旅客用蒸気機関車です。C55形を改良して誕生した機関車で、従来のスポークタイプとは違うボックスセンター動輪の採用、使用圧力の増圧など近代化されていることが特徴です。四国を除く全国各地の主要線区で活躍し、近代蒸気機関車の傑作機の一つとされ、細いボイラーと大きな動輪の組み合わせからスタイル全体のバランスがとれ、「貴婦人」の愛称で親しまれてきました。このC57形の記念すべき第1号機が山口線を走るC571号機です。

全長
(mm)
重量
(t)
動輪径
(mm)
石炭積載量
(t)
水積載量
(㎥)
最大出力
(馬力)
製造製造場所
20,280115.5175012171290昭和12年川崎車輌

D51形200号機

photo by Takahiro Yoshinaga

多くの人に親しまれたデゴイチ

 D51形蒸気機関車は、1936年から1945年の間に製造された大型の貨物用機関車です。
 戦中戦後の国内貨物輸送の増大に対応するため、長期に渡り製造されたこともあり、その製造両数は日本の機関車の中で最多となる1,115両にのぼります。
 「デゴイチ」の愛称は機関車の代名詞にもなりました。

全長
(mm)
重量
(t)
動輪径
(mm)
石炭積載量
(t)
水積載量
(㎥)
最大出力
(馬力)
製造製造場所
19,730 125.1 1400 8 20.0 1280 昭和13年 国鉄浜松工場

C56形160号機

photo by Takahiro Yoshinaga

小振りなポニー

 C57が「貴婦人」と呼ばれているのに対して、この一回り小振りなSL、C56は「ポニー」の愛称がついています。戦時中、タイとビルマを結ぶ泰緬(たいめん)鉄道の主力として使用されていたものもあり、全部で160両が製造されました。
 C57が甲高い汽笛音であるのに対して、この小さなC56の汽笛音が低くて力強いのが不思議なところです。重連運転などの時に、その音の違いを聴き比べてみてはいかがでしょうか。
 また、クリスマスやお正月には特別なヘッドマークを付けて走ります。

全長
(mm)
重量
(t)
動輪径
(mm)
石炭積載量
(t)
水積載量
(㎥)
最大出力
(馬力)
製造製造場所
14,325 64.6 1400 5 10 592 昭和14年川崎車輌

SL「やまぐち」号とは

空席情報

※SL「やまぐち」号乗車券・指定席の発売は、乗車日1ヶ月前の10時からです。なお、乗車券・指定券のご購入はJRみどりの窓口でどうぞ。

SL「やまぐち」号のブログ
イベントやお知らせなど、SL「やまぐち」号の最新情報をお伝えします。
ページのトップへ戻る